憧れのデカ目になれるカラコン

色んなカラコン情報♪

デカ目カラコンの用語集


カラコンは上手に使えばかなりのデカ目効果がありますよね?
自分に合ったカラコンを選ぶにはどうしたらよいのでしょうか?

 

まずはカラコンの商品説明などにある用語をチェックしてみましょう。

 

レンズ直径(DIA)
全体のレンズの直径のこと。現在のコンタクトの規定では14.5mmが最大となっています。
海外からの輸入レンズなどではこれ以上の物もあります。
ただし目に酸素が届きにくくなるため、眼病にかかるリスクがあります。

 

着色径
レンズの色がついている部分の大きさです。
たとえレンズ直径が小さい物でも、着色径がレンズ直径ギリギリまであれば、
かなりデカ目効果はあると言う事になります。
最大級にデカ目に盛りたい!という人はこの着色径に注目してカラコンを選びましょう。

 

中心径
瞳孔の部分にあたる直径。レンズの真ん中部分です。
この直径が大きければ大きいほど視界がスッキリして、見えやすいという特徴があります。
今売れているカラコンで、グラデーションというものがありますが、
これは着色径が一番色が濃くなっていて、中心径に行くにしたがって薄くなっているため、
とても自然に見えるカラコンなのです。

 

ここからはカラコンだけでなく、普通のコンタクトレンズでも使われる用語となります。
度数(PWR)
近視はマイナス、遠視はプラスであらわされます。
数値が大きいほど度が強くなります。
ちなみに度なしカラコンのPWRは「0.00」となります。
眼科できちんと測ってもらいましょう。
合わない度数のコンタクトで体調を崩す場合もあるのです。

 

ベースカーブ(BC)
カラコンのレンズのカーブのことです。
数値が小さいほどカーブが強く、大きいほどカーブがゆるくなります。
自分のBCのプラスマイナス2ぐらいまでは合うとは思いますが、
人によっては1違うだけでも目に違和感やゴロゴロ感を感じる場合があります。
このベースカーブは自分ではわかりませんので、眼科で測ってもらいましょう。
安いカラコンなどではBCが1種類しかない場合も多いです。
どうしてもカラコンが合わないという人の中で、実はBCがあっていなかったという人もいるようです。

 

含水率
レンズに含まれている水分の量です。
この含水率が高いほど目が乾燥しにくいと言われています。
カラコンでは大体38%から39%の間が多いようです。
カラコンは色素が入る分、どうしても含水率は低めになります。
そのため、使用時間が長すぎるとドライアイの原因になってしまいますので気を付けましょう。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ